歴史を刻み始めたアルバム – AEROSMITH / Toys in the Attic –

レコード紹介
記事内に広告が含まれています。

エアロスミスの3rdアルバムにして出世作

AEROSMITH
「Toys in the Attic (闇夜のヘヴィ・ロック)」
1975年

アメリカだけで800万枚以上のセールスを記録。全米アルバムチャートで3年以上にわたりチャートにランクインした伝説的な名盤。

このアルバムには多くのヒット曲が収められていて「Sweet Emotion」や「Walk This Way」など、エアロスミスの代表曲が含まれてる。

アメリカンロックのお決まりパターン

エアロスミスってブリティッシュロックをアメリカで表現することが目標でデビューしたんだけど、当初はストーンズやツェペリンのコピーとして酷評される苦しいスタート🏃

そんな状態なので、1971年のファーストアルバム、1974年のセカンドアルバムともに鳴かず飛ばず・・・

そんな中で生まれたのが、1975年リリースの『Toys in the Attic(闇夜のヘヴィ・ロック)』。KISSやCHEAP TRICKと共に、70年代のアメリカのハードロック三大バンドとして注目を集めるんだけど、その後はお決まりのパターン・・・💦

ドラッグや女性に溺れ、LIVEも飛ばし、作品も急激にダウン⤵︎
さらにメンバーの脱退という・・・

もう本当にロックバンドあるある😩

エアロスミスの代表曲へ

でも、エアロスミスが他のバンドと違ったのは、ここから第2期黄金期に入るところ🙌

そう思うのは、HIP HOPの先駆者的な存在であるRUN DMCとの共演。一気に復活のキッカケとなったのが『Walk This Way』!

そう、この名盤に収録されている一曲なんです くぅーー👍

HIP HOPがまだ市民権を得る前の時代に、これだけのものを作っていたという事実なのよ。しかも、これがギターのジョー・ペリー作というのも二重の驚きなんです! くぅーー👍

いまだにスティーヴン・タイラーは、“自分が書く曲はあの曲を超えられない”と悔しがっているほどの奇跡的な名曲なんです! くぅーー👍

収録曲🎶
  • A1:Toys In The Attic
  • A2:Uncle Salty
  • A3:Adam’s Apple
  • A4:Walk This Way
  • A4:Big Ten Inch Record
  • B1:Sweet Emotion
  • B2:No More No More
  • B3:Round And Round
  • B4:You See Me Crying

おわりに

「エアロスミスってアルマゲドンの曲のバンドでしょ」という方には

是非とも聞いて欲しい一枚!

マジの名盤です。

レコード情報
AEROSMITH – Toys in the Attic (闇夜のヘヴィ・ロック)
リリース:1975年4月8日
レーベル:COLUMBIA (日本ではソニー・ミュージックレコード)
規格:12インチLP アルバム
stereo 33RPM

naoto_imokenpi_raymi

1981年東京都出身。レコード歴20年以上
学生時代に友人の勧めで、初めてのターンテーブルを購入。
以来、少しずつレコード収集を開始。
現在の所持枚数は不明(数える気がおきない・・・)
初めて購入したレコードは「Monty Alexander Trio/Look Up」
主に集めているジャンルは洋楽・邦楽ともに「JAZZ/ROCK/POP/R&B/SOUL」
好きなアーティストは浜田省吾!

naoto_imokenpi_raymiをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
- シェアする -

コメント

タイトルとURLをコピーしました