出会いと再会の一枚 – Michael Jackson / DANGEROUS –

レコード紹介
記事内に広告が含まれています。

キング・オブ・ポップスことマイケル・ジャクソンの一枚です↓↓↓

説明不要の名盤中の名盤です。

洋楽との出会い

私が洋楽と出会ったのは「とんねるずのみなさんのおかげです」の中で、マイケルジャクソンのスリラーのMVをパロディー化させてものを見たのが記憶にある最初だったと思います。(パロディーと言っても、メイクや衣装、バックダンサーのゾンビまで細部に渡って再現されていたので、パロディーと言うのは失礼なのかもしれませんが・・・)

その時にマイケル・ジャクソンを聞きはじめ、「THRILLER/BAD」とCDを集めていくようになります。そもそも聞いたところで歌詞が分からないという状態でしたが、音楽がカッコよく毎日のように聞いていました。

そうした中で「DANGEROUS」に出会うわけですが、メロディの美しさと、透き通るような声に魅了されたのが「Heal The World」です。

話が少しそれますが、浜田省吾の「初恋」という歌に“一瞬で恋に落ちた”って歌詞があり「分からん」でもない感覚です。

レコードでの再会

中学生の頃に魅了されたアルバムですが、少し前に30年ぶりぐらいにレコードとして再会をしました。
お店は「ディスクユニオン お茶の水店」にフラッと立ち寄り、掘っていたら見つけました。

これがレコードで出ているってことを考えてなかったので、見つけた時は嬉しかったですね。

中古の盤としては少し高かったのですが、迷わずに購入しちゃいました。自宅で針を落として「JAM」が流れ出した時には、少し感動しました。今でも大切な愛聴盤です。

収録曲🎶
  • A1:Jam
  • A2:Why You Wanna Trip On Me
  • A3:In The Cliset
  • B1:She Drives Me Wild
  • B2:Remember The Time
  • B3:Can’t Let Her Get Away
  • B4:Heal The World
  • C1:Black Or White
  • C2:Who Is It
  • C3:Give In To Me
  • D1:Will You Be There
  • D2:Keep The Faith
  • D3:Gone Too Soon
  • D4:Dangerous

Jam/Black Or White/Will You Be There/Who Is Itなど、もういちいち書く必要もないくらいの名曲が盛りだくさんの一枚。

おわりに

あとで知ったことなんですが、発売30周年記念として赤盤で発売されています。

赤盤って、まぁ盤面が赤いだけなんですが、何となく特別感があったりして、オリジナル盤へのこだわりとかを強く持っていない自分にとっては、そっちが欲しかったなーなんて思ったりします。

レコード情報
Michael Jackson – DANGEROUS
リリース:1991年
レーベル:EPIC (日本ではEPIS・ソニー)
規格:12インチLP 2枚組アルバム
stereo 33RPM

naoto_imokenpi_raymi

1981年東京都出身。レコード歴20年以上
学生時代に友人の勧めで、初めてのターンテーブルを購入。
以来、少しずつレコード収集を開始。
現在の所持枚数は不明(数える気がおきない・・・)
初めて購入したレコードは「Monty Alexander Trio/Look Up」
主に集めているジャンルは洋楽・邦楽ともに「JAZZ/ROCK/POP/R&B/SOUL」
好きなアーティストは浜田省吾!

naoto_imokenpi_raymiをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
- シェアする -

コメント

タイトルとURLをコピーしました