人生は旅そのもの – 松山千春 / 人生の空から –

レコード紹介
記事内に広告が含まれています。

仕事がらよく東京駅を使います。
最近は、インバウンドで外国人旅行客で毎日ごった返している東京駅

でも、これほどのターミナル駅だと
当然、旅立つ人もいれば、帰ってくる人もいるわけですよ。
3月に中旬になると、新生活に向けた旅立ちも多くて

そんな時に、川崎BOOKOFFで見つけた一枚をご紹介しますね。

松山 千春
人生たびの空から」
1980年

鼻から抜ける、透き通った声がすごく好きで
これぞ、チハル松山といった感じ

このジャケットも出身地の北海道の夏を思わせる写真!
本当に真っ直ぐな道だけど、人生たびって真っ直ぐじゃないから面白いのかも。

出会い

この曲は、前職の会社の上司が好きな歌で、
カラオケに行くたびによく歌っていた🎤(しかもかなり松山千春によせて💦)

カラオケの場で初めて聴いたんだけど
歌詞がいいなぁーとは思っていた。
で、何回か聞かされているうちに、自分でも歌うようになって🎤

先週、この一枚を見つけた時に懐かしくて買っちゃいました。

そんな上司も、今は定年をしていますが、
自分も転職をして、真っ直ぐな人生みちを歩んでないなー💦

収録曲🎶
  • A1:人生の空から
  • A2:雨の夜
  • B1:海を見つめて
  • B2:こいごころ

7インチEP盤の2枚組といった珍しいシングル

おわりに

自分の大好きな浜田省吾は、人生をロードと例えたりと
人によって様々ですね。
 まわり道でも人生たびの終わりに、君にもう一度会えたらいいね♫
みたいに、探しているもののために歩むって考えは
一緒なのかもしれないですね。

レコード情報
松山千春 – 人生たびの空から
リリース:1980年9月21日
レーベル:news
規格:7インチ シングル2枚組
stereo 45RPM

¥330 (2024/06/25 22:32時点 | Yahooショッピング調べ)
naoto_imokenpi_raymi

1981年東京都出身。レコード歴20年以上
学生時代に友人の勧めで、初めてのターンテーブルを購入。
以来、少しずつレコード収集を開始。
現在の所持枚数は不明(数える気がおきない・・・)
初めて購入したレコードは「Monty Alexander Trio/Look Up」
主に集めているジャンルは洋楽・邦楽ともに「JAZZ/ROCK/POP/R&B/SOUL」
好きなアーティストは浜田省吾!

naoto_imokenpi_raymiをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
- シェアする -

コメント

タイトルとURLをコピーしました