“青春”だったと思える思い出曲 -桑田佳祐 / 悲しい気持ち –

レコード紹介
記事内に広告が含まれています。

ユニクロのCMで使われている曲が、ここ数年はサザンや桑田佳祐が中心なんですよ。

気づいたのは2021年の春頃だったかな
その時は、綾瀬はるかさんが出演していて
ユニクロのブラトップのCMでした。

で、バックミュージックが『悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)』
このアルバムに収録されています。

桑田 佳祐
「Keisuke Kuwata」
1988年

懐かしいですねーーー

サザン・桑田佳祐との思い出

20年以上前の学生の時に、
すごくハマって。
ちょうど「白い恋人たち」やら「TSUNAMI」とか「HOTEL PACIFIC」とかがリリースされたタイミングで、
古い曲から新しい曲まで、当時はCDを車に積んでよく流していました🚕💿

その中に「悲しい気持ち」や「いつか何処かで」も含まれいて・・・

収録曲🎶
  • A1:哀しみのプリズナー
  • A2:今でも君を愛してる
  • A3:路傍の家にて
  • A4:Dear Boys
  • A5:ハートに無礼美人 (Get Out Of My Chevvy)
  • A6:いつか何処かで (I Feed The Echo)
  • B1:Big Blonde Boy
  • B2:Blue ~ こんな夜には踊れない
  • B3:遠い街角 (The Wanderin’ Street)
  • B4:悲しい気持ち (Just A Man In Love)
  • B5:愛撫と殺意の交差点
  • B6:誰かの風の跡

サザンの曲にハズレなし?

今でこそ違う業界で仕事をしていますが、
実は、私は前職で広告業界にいました。

その時に、とある先輩から

「サザンの曲を使うと、自ずとCMのフォーカスされる」

タイアップをした新曲であろうと、昔の曲からの掘り起こしであろうと・・・

まぁ、分からなくはない気がします。

サザンは78年にデビュー。
以来、日本の音楽界での第一線を歩み続けていて、
その時その時のサザンの曲を知っている人が多いわけですからね。

おわりに

ユニクロのCMで使われた昔のヒット曲。
流れるたびに、皆さんの心にも響くものがあったのではないでしょうか?
よかったら皆さんの青春曲なんかを
コメント欄に入れていただければと思います。

レコード情報
桑田佳祐 – Keisuke Kuwata
リリース:1988年7月9日
レーベル:タイシタレーベル
規格:12インチ LPアルバム
stereo 33RPM

¥3,980 (2024/06/25 23:09時点 | Yahooショッピング調べ)
naoto_imokenpi_raymi

1981年東京都出身。レコード歴20年以上
学生時代に友人の勧めで、初めてのターンテーブルを購入。
以来、少しずつレコード収集を開始。
現在の所持枚数は不明(数える気がおきない・・・)
初めて購入したレコードは「Monty Alexander Trio/Look Up」
主に集めているジャンルは洋楽・邦楽ともに「JAZZ/ROCK/POP/R&B/SOUL」
好きなアーティストは浜田省吾!

naoto_imokenpi_raymiをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
- シェアする -

コメント

タイトルとURLをコピーしました